ブログカテゴリ:2足歩行ロボット



ロボット · 2019/11/23
オレゴン州立大学にあるアジリティー・ロボティクス社が開発している、脚だけのロボット「キャシー」。ダチョウの脚みたいな姿でガッチャンガッチャンと歩くのですが、前回は左右独立したホバーシューズに乗ることができるようになるなど、日々進化しています。その「キャシー」が、今度はボールひとつですがジャグリングをするようになりました。まずはその姿をごらんください。 動画の説明文によりますと、実は「キャシー」はジャグリングという正確なタスクと、自身のバランスを取るというふたつのタスクを同時にこなしているのだそうです。 さらにテニスプレイヤーがサーブ前にポンポンする、ラケッティングも上手になった「キャシー」。ラケットのほかにも木の板や3D印刷されたプラ製ブロックなどを使い、モーションキャプチャー・システムを使ってボールの位置を追跡しながら落とさないようジャグリングをします。 https://www.gizmodo.jp/2019/11/cassie-can-now-juggle-balls.html
ロボット · 2019/11/23
人間の動きを瞬時にトレース。遠隔操作ロボット「リトル・エルメス」 研究者による英断がロボットを少しでも簡素化する 「リトル・エルメス」開発におけるMITの決断はなかなか潔いもので、人間に匹敵するモーターと意思決定のスキルを備えた完全自律型ロボットを構築することは、まだまだ課題が多すぎる!...

ロボット · 2019/11/17
MITが開発している4本足ロボット「Mini Cheetah」の新たな動画が公開されました。Mini Cheetahは中型犬サイズの電動ロボットで、関節を自在に動かして俊敏な動きをみせます。2月に初めて披露された時は、4本足ロボットとして初めて「バク宙」すなわち後方宙返りができることが注目されました。 新たに公開された動画では9匹のMini...
ロボット · 2019/03/09
 MITが開発した「ミニチーター」は、史上初のバク転ができる4足歩行ロボットで、体操選手のようにしなやかな動きをみせてくれる。  弾力性に富んだ頑丈なボディの重さはわずか9キロ。蹴られても素早く復活し、でこぼこ道を軽やかにお散歩する動きにも注目だ。 https://news.nicovideo.jp/watch/nw4947439

ロボット · 2019/03/02
新型二足歩行ロボット「Digit」が発表 脚だけロボット「Cassie」に上半身と腕を搭載 Digitは、4自由度のアームを搭載し、最大18kgの重さを持ち上げることができるパワーを持っている。胴体には2つのマルチコアCPUを搭載。制御システムは階段の上り下りや、二足歩行時の足の運び方など、高度な行動を可能にするように徹底的に見直されているという。...
ロボット · 2019/01/19
中国のUnitree Roboticsが開発した「Laikago」である。ボストン・ダイナミクスの「SpotMini」や、ANYboticsの「ANYmal」のような四足歩行ロボットだ。 サイズは高さ60cm(立ち姿勢)、全長55cm。重さは約22kgで、最大荷重は5kg。最大0.8m/秒で歩行することができ、連続可動時間は3時間程度。現在日本バイナリーが国内販売に向けて研究開発を進めている。...