動画マーケティング


動画マーケティングの狙い

動画マーケティングが活況です。

インターネットでの動画視聴は、今や一般的になりました。ニールセンの調査では、 インターネットユーザーの 82% が「無料動画を利用している」と回答しています。(2015 年 10 月時点) 以前は動画といえば YouTube でしたが、今では Facebook や Twitter などの ソーシャルメディアでも動画をよく見かけます。

 

2018年の動画広告市場は、前年に引き続き高い水準で成長を遂げています。サイバーエージェントが発表したデータによれば、2018年の動画広告市場規模は、1,843億円、昨年対比134%となる見通しです。

 

なぜ動画マーケティングに注目が集まるのでしょうか。その背景にあるのが、スマートフォン動画広告市場の急速な拡大です。

 

YouTubeへの動画投稿によるマーケティングです。是非お試しください。

YouTubeのユーザーは、5000万人以上です。動画でのアピールは、文章の5倍以上です。

 

動画は、スマホとスマホのツールで手軽に作成できます。

YouTubeにチャンネルを設定し1~3分の動画をアップします。

アナリティクスでどの動画が何回見られたか確認できます。

 

以下ご覧ください。

 

キーワード等の狙いへ

YouTubeの活用へ

動画の作成へ

動画の登録へ

動画広告のご提案へ

 

動画広告市場規模
国内動画広告市場推計
メディア総接触時間の構成比 時系列推移
インターネット広告と動画広告の割合

キーワード等の狙い

中小企業ではビッグキーワードは、競争が激しく難しい

狙いは、スモールキーワードの組み合わせ

ロングテールを狙う  販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えることで、総体としての売上げを大きくする

動画の方がSEO的には上位表示されやすく、コンテンツの大量生産、ソーシャルへの拡散が容易

SEOの基本 動画は検索結果として上位表示されやすい

 1)良質のコンテンツを大量に公開する

 2)コンテンツをコンスタントに公開する

 3)キーワードを複数用意してタイトルを作る

マルチキーワード&ロングテールSEOが重要

オリジナルコンテンツをたくさん作ってネットで公開する

 

実行計画をたてる

戦略を策定し、再生回数目標を設定し、具体的な運用方法、動画の政策スケジュール、視聴ターゲット等決定

キーワードを見つける(マルチキーワード)

動画の大量生産(フォーマット化)         

   経営理念、現場の表現等を映像化あるいは写真のスライドショーを動画とする

YouTubeで公開(チャンネルの強化)

ソーシャルで自己PR(共有)

チャンネル紹介動画の作成

YouTubeチャンネルは「運用メディア」として扱い、運用しないと再生回数や登録者は増やせない

 

YouTubeの活用

 

動画活用のプラットフォームとしてのYouTube

・無料であること

・グーグルが動画に対する独自のアルゴリズムを持つ

・スマホなど多彩な端末へ最適化して配信

・ソーシャルメディアと共有する機能

・アクセス解析機能

・世界最大の動画配信サーバー

・ディスカバビリティ(見つけやすさ)を意識

・グーグルに次ぐ2番目の検索エンジン

・関連動画への表示

・FacebookやTwitter、Google+などのSNSとすぐに共有できる

・動画を見てもらうだけでなく、ネットユーザーに来て欲しいサイトへ誘導することも可能

 

活用のポイント

・YouTubeはグーグルの傘下にあり、動画に対しては独自のアルゴリズムがある

・タイトルや説明文、タグの調整で、ここにしっかりとキーワードを入れる

・タイトルにビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードなどをバランスよく配置

・2006年にグーグルがYouTubeを買収してから、広告を出稿するメディアとして日々改善

・現在YouTubeの動画にはたくさんの広告が出ている

・自社のYouTubeチャンネルをブロードキャストとして活用できる

 

動画の作成

 

動画の位置づけ

「映像」という言葉にはハードルが高い専門的なイメージがあり、「動画」という言葉は、それに比べもっと馴染みがある身近な言葉

スマホでも、デジカメの動画モードでもHDが撮影でき、編集に関しても低廉な編集ソフトがあり、動画の制作環境は充分整っている

それぞれのテクニックについては、これは数をこなして経験を積むしかない

コンテンツの中に、どれだけ自分らしさを出せているかが重要

 

動画SEOのための量産体制

コンテンツとしての動画を量産する体制を用意する必要がある

動画のタイトルや説明文に付与する複数のキーワードを用意し、それに合わせた動画を制作

まったく異なるオリジナル動画を複数制作するのではなく、極端にいえば同じビデオ素材に異なるキーワードを使ったテロップを載せて書き出すだけで、違う動画になる

フォーマット化

 1)動画の構成パターンを決める

 2)そのパターンに合わせて素材を用意する

 3)パターンに合わせて編集する

 

YouTubeアナリティクス

採取できるデータ:総再生時間レポート、再生時間、視聴者維持率、ユーザー層、再生場所トラフィック ソース、端末、視聴者の反応レポート、チャンネル登録者、評価再生リストに含まれている動画数、コメント、共有

 ★クリエイター ツール

チャンネルを管理することができます。どの動画が何回見られたか等がわかります。

YouTube では、クリエイター ツールを使用してチャンネルの整理、動画の管理、ファンとの交流を行うことができます。クリエイター ツールに直接アクセスするか、次の手順で移動してください。

 www.youtube.com でチャンネルにログインします。

右上のアカウント アイコンをクリックします。

[クリエイター ツール] をクリックします。

 

googleの解説記事です。

クリエイター ツールでチャンネルを管理する

従来のクリエイター ツールの YouTube アナリティクスの基本

 

動画の登録

 

YouTubeチャンネルの開設方法

管理用のGoogleアカウントでYouTubeにログイン

管理画面で、「チャンネルを作成する」をクリック

 

続行ボタンを押さず、「会社名やその他の名前を使用するにはここをクリックしてください」を選択

新しいチャンネルを作成するページに移動したら「チャンネル名の設定」の欄に社名や番組名を記述

 

画像、説明文の追加

プロフィール写真(800×800ピクセル以上)、チャンネルアート写真(2560×1440ピクセルの横長画像)をアップロード

アップロード後、概要の項目にチャンネルの説明を追加

 

動画のアップロード

右上の「アップロード」ボタンを押す

「アップロードするファイルを選択」をクリック

アップロードするファイルを選択するとアップロード開始

タイトルを設定:動画の内容を端的に説明(重要なキーワードも盛り込む)

状況に応じて説明を追加

タグ:カテゴリ、メーカー、モデル等記述

動画のサムネイルを設定

公開ボタンを押す 

 

事例

鐘百繊維工業株式会社 トップページ
鐘百繊維工業株式会社 商品ページ

動画広告のご提案

 

動画広告フォーマット
      動画広告フォーマット
インストリーム

1.インストリーム – 動画視聴前に表示

Call-to-Action オーバーレイについて
   Call-to-Action オーバーレイについて
インサーチ

 

 

 

2.インサーチ – 検索結果画面に表示

インディスプレイ

 

 3.インディスプレイ – 関連動画に表示