複雑な眼球組織内を「泳ぐ」超極小のナノロボット、今後の発展に期待

研究開発

ドイツのマックス・プランク研究所内にある、マイクロ、ナノ・アンド・モレキュラー・システムズ研究室の国際チームが、目玉の奥に薬を運ぶ、特殊コーティングされ磁力で動く金属製ナノロボットを開発しました。これらは複雑な構造の眼球の中を難なく通り抜けられるほど、小さく作られているのです。

https://www.gizmodo.jp/2018/11/nano-robots-max-plank-institute.html