人間の指示なしにロボットが自分で動いて学習できるアルゴリズム

研究開発

「Grasp2Vec」をGoogleが発表

Google AIが発表したGrasp2Vecは、ロボットアームに「何かを拾うという試みがいくつかの情報をもたらす」という直感を持たせ、物体をアームで持ち上げた前後の変化を認識させることで、あらかじめ与えられた「正解」に近い結果を出すための道筋を学習させるというもの。人間が「正解」だけを与えておけば、ロボットが自分の行動とそれによってもたらされる結果を自己判定し、より精度の高い方法を自己学習します。その様子は以下のムービーで垣間見ることが可能。

https://gigazine.net/news/20181212-google-ai-grasp2vec/