· 

ケンブリッジ大学の研究者らが新たなロボットハンドを開発 広い可動範囲でさまざまなピアノ演奏を実現

研究開発

ケンブリッジ大学の研究者らは、3Dプリントを活用した新たなロボットハンドを開発した。今回の目標は、人間の手の骨および靱帯(筋肉や腱ではなく)をすべて再現することで、柔らかさと硬さを備えた素材を使用している。

人間の手に比べるとロボットハンドの可動範囲はやはり狭いのだが、それでも機械設計によって驚くほど広い可動範囲が実現できるという。それぞれの指を動かさない受動運動だが、ロボットハンドの素材や機械の特性を変えることなく、さまざまなスタイルのピアノ演奏を再現。

https://www.axismag.jp/posts/2018/12/111402.html