小谷真生子経済ルポスペシャル トヨタ100年の死闘 車の激変を徹底取材!

BSテレ東4KBSテレ東4K 2018年12月30日(日) 19時00分~20時54分 を興味深く見ました。

フォードがT型フォードを発売して1500頭の馬が自動車にかわった時のような大変革の時代が来ているとの認識です。

トヨタとデンソー両社の主要な電子部品事業をデンソーに集約したり、未来は水素との認識で2年後に生産台数を10倍にすべく多大な投資をしています。また、電気自動車用に固体型電池の実用化にも注力中です。

以下が番組の情報です。

グーグル、アマゾンなど異業種の車参戦で「生きるか死ぬかの闘い(トヨタ自動車社長)」に。小谷キャスターが車の未来を追う。孫正義ソフトバンクG社長独占取材。

自動運転技術の開発競争、AI(人工知能)の実用化、そして車の電動化と、大変革期にある自動車業界。日経プラス10の小谷真生子キャスターが売上高30兆円の巨大企業・トヨタ自動車の現場を徹底的に取材しました。富士山の裾野にある最先端バッテリー開発の現場、そしてデトロイト、シリコンバレーへ。トヨタの開発の今、クルマの未来を描きます。

出演者

【キャスター】

小谷真生子(日経プラス10メインキャスター)

【出演】

豊田章男(トヨタ自動車社長)

孫正義(ソフトバンクグループ会長兼社長)

 

トヨタ・豊田章男社長のコメント 2018年06月01日

「100年に一度」と言われる大変革の時代に直面し、全世界におけるトヨタグループの新車販売台数が1000万台を超えた今、私たちには、既存のビジネスを維持・発展させながら、「モビリティカンパニー」への変革に挑戦することが求められております。こうした環境下では、いかに限られたリソーセスを有効活用し、グループ全体の競争力を向上させるかが、非常に重要になってまいります。

 

以下JCCより

世界を一変させた1台の車