空きスペースを探して自動で駐車してくれるロボット、英ガトウィック空港が試験導入

英ガトウィック空港はこのたび、Stanley Roboticsの自動駐車ロボット「Stan」を試験プログラムで使用し、同空港の駐車場にどのくらい多くの車を駐車できるかを見極めると発表した。このトライアルは、ホリデーシーズンの多忙な時期に合わせて、2019年8月より同空港が備える長期駐車場の「Zone B」で3カ月間行われる予定。

ドライバーがすべきことは、所定の位置に自分の車を駐車し、タッチスクリーンを操作してStanを呼び出すだけだ。車はスキャンによってサイズを判定される。その後、Stanは車を台に載せ、その車に適したスペースまで運ぶ。このロボットは電動で、GPSを利用して駐車位置を決定する。

 

https://japan.cnet.com/article/35131895/