google広告


インターネット広告媒体費の詳細分析

D2C/CCI/電通が共同でインターネット広告媒体費の詳細分析を実施されました。

●2017年のインターネット広告媒体費のうち、ディスプレイ広告とリスティング広告で全体の約80%を占めます。

●2017年 ビデオ(動画)広告費は1,155億円、2018年には約1,600億円まで拡大すると予測。

●2018年インターネット広告媒体費は、全体で1兆4,000億円を上回り、うちモバイル広告費は1兆円を上回ると予測

2018年3月28日

株式会社D2C 株式会社サイバー・コミュニケーションズ 株式会社電通

インターネット広告媒体費 広告種別 構成比

インターネット広告媒体費 広告種別 構成比

 インターネット広告媒体費 デバイス別広告費 推移(予測)

 インターネット広告媒体費 デバイス別広告費 推移(予測)

インターネット広告媒体費 取引手法別 構成比

インターネット広告媒体費 取引手法別 構成比

現代中小企業の課題を解決

インターネットユーザの89%に届く広告ネットワーク

Google AdWords は Google の検索結果ページ以外にも、YouTubeや大手ポータルサイト、専門サイトなどの幅広いネットワーク上に掲載されます。

効果に見合ったコスト管理が可能(表示だけなら無料)

企業や事業規模に合わせて自由に予算設定が可能です。ご利用料金はクリック単価になっており、表示されるだけでは料金は発生しません。そのため、費用効果の高い広告を出す事ができます。

表示回数など詳細な効果測定が可能

広告が何回表示され、何人のユーザが御社サイトを訪れたのか等の広告効果を管理画面上で簡単に確認することが出来ます。投資対効果や広告キャンペーンの改善点が一目瞭然なので、より効果的なマーケティング活動を行う事が可能です。

google広告とは

ゆーざーの購買行動や興味・関心に応じて広告を配信できる、広告プラットフォームです。

2014年にgoogleよりAdWords認定資格証を受領しています。

Google 広告のメリット

より多くのユーザーを呼び込む

ウェブサイトへの新規訪問の増加から、オンラインでの売り上げ向上、電話お問い合わせ件数の増加、リピート客数の増加まで、Google 広告 はさまざまなビジネス目標の達成をサポートします。

 

適切なユーザーに、適切なタイミングで

ユーザーがあなたの商品やサービスを Google で検索しているその瞬間に、広告を表示してアピールできます。

 

ターゲット地域をきめ細かく指定

広告のターゲット地域は、国や地域、都市などの単位で指定するほか、店舗や拠点から一定距離以内のエリアを指定することも可能です。

 

自社に適した方法で顧客にアプローチ

テキストの検索広告、バナーを使ったディスプレイ広告、YouTube 動画広告、アプリ内に表示するモバイル広告。google広告 なら、さまざまな方法で顧客にアプローチできます。

広告出稿

①販売実績向上とサイト認知度向上の為

・ Google にて関連するキーワードが検索された際に、御社広告が標示される様設定します。(検索連動広告)

②商品認知度向上の為・検索連動広告で設定したキーワードに基づく広告を表示します。

(ディスプレイネットワーク~キーワード/トピック)

・ Google の関連サイトにて、興味のあるユーザーに対し、テキスト広告やイメージ(画像)広告を表示します。 

(ディスプレイネットワーク~インタレストカテゴリ)

③サイトを訪れたユーザーに対する再アプローチの為・一度サイトを訪れたユーザーに再度広告を表示します。

(ディスプレイネットワーク~リマーケティング) ユーザーが閲覧しているコンテンツに加え、何らかの関心を示したユーザーをターゲットに設定することで、そのユーザーが Google ディスプレイ ネットワークを参照した時に特定の広告を表示することができる。

 

リマーケティング

ユーザーが閲覧しているコンテンツに加え、何らかの関心を示したユーザーをターゲットに設定することで、そのユーザーが Google ディスプレイ ネットワークを参照した時に特定の広告を表示することができます。