ロボット

ロボット · 2019/07/13
ロボットで行う作業として難易度の高い「液体の秤量」に注目。人が遠隔地から産業用ロボットを操作して液体を秤量するプロセスを何度か繰り返し、その内容を深層学習することにより、液体の秤量を自動で行う推論アルゴリズムを開発した。このAIは、先述した3社やAIベンチャーのエクサウィザースなどが開発した「マルチモーダルAI」に基づいている。...
ロボット · 2019/07/13
自律型無人潜水機(AUV)2015年にNTNUからスピンオフしたEelumeというノルウェー企業によって開発された「ウミヘビ型ロボット」の「Eelume」だ。  このAUVは、従来型のROVにつきものである、太いアンビリカルケーブルの有無にかかわらず運用が可能であり、その型破りな形状によって極めてせまい場所にも入っていける。...

ロボット · 2019/07/13
欧州宇宙機関(ESA)は7月4日(現地時間)、低重力を効率よく移動するために“飛び歩く”惑星探査ロボット「SpaceBok」を発表した。スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH Zurich)とチューリヒ応用科学大学(ZHAW Zurich)の学生チームが設計、製造し、オランダにあるESAのテクニカルセンターでテスト中だ。...
ロボット · 2019/07/13
NASAが開発中の4足ロボット「LEMUR(Limbed Excursion Mechanical Utility Robot)」は、それぞれの足に16本の指をもち、さらにその先端に何百もの小さな釣り針をつけたもので、AIを駆使して周囲の障害物を見分けながら、岩壁をよじ登ることができるそうだ。 そしてこのLEMURをさらに応用して、新しいロボットも開発。「Ice...

ロボット · 2019/07/06
生物の持つユニークな機構にインスパイアされて開発されるプロダクトは多い。北京航空航天大学の研究チームが開発したロボットは、生物の「イカ」が備えるジェット機構を実装している。 イカは娯楽で空を飛んでいるわけではなく、水中の約2倍の速さで空中を高速移動することで、天敵から逃げおおせるというわけだ。...
ロボット · 2019/07/06
BUSTLEによりますと、この「HEXA」プランターに課せられた使命はたったひとつ。それは頭の上の植物を生かし続けることなのだそうです。なので、「HEXA」は満遍なく光合成が出来るよう頭をグルーっと回しながら日向を追いかけるだけではなく、時には日陰で冷やすこともあるんですって。...

ロボット · 2019/06/29
ロボット貨物トレーラー「ヴェラ」は、フラットな4輪のプラットフォームに標準的なトレーラーを取り付けた車両。ボルボ社は、港湾や工場、倉庫の間を連続してシャトル運航するために、こうした大型のロボットトラックを多数用意する予定だ。ロボットトレーラー間の通信はクラウドを介して行われる。これで輸送は最適化され、運転休止時間が最小限に抑えられる他、ドライバー料金も発生しない。 https://jp.sputniknews.com/entertainment/201906236389025/
ロボット · 2019/06/29
芝浦工業大学の長谷川忠大教授と油田信一特任教授らは三五(名古屋市熱田区)と共同で、人混みでも追いかける人を間違えない追従ロボットを開発した。追従対象者の移動先を推定しながら追いかけるため、追従対象者とロボットの間に他人が割り込んでも取り違えない。博物館やデパートなどの案内や買い物支援などに提案していく。...

ロボット · 2019/06/23
パナソニック株式会社は2019年6月21日、自律搬送ロボット「HOSPI(ホスピー)」に関する技術セミナーを開催した。「HOSPI」はパナソニックが2013年10月から病院内自律搬送ロボットとして販売を開始したロボット。最大積載量は20kg。大きさは幅630mm、奥行き705mm、高さ1390mm。本体重量は170kg。連続運転時間は約7時間、充電時間は約2.5時間。...
ロボット · 2019/06/23
SALTOは、重さ100gほどの小さなロボットだ。2016年の時点で初号機が発表されていたが、その時は1回だけ地上からジャンプし、さらに壁を蹴って飛び跳ねることしかできなかった。今回発表された最新バージョンでは、10分間も止まることなくジャンプし続けることができ、その間のジャンプ回数は100回以上に達している。...

さらに表示する