ロボット

ロボット · 2019/05/18
高速の羽ばたきでホバリングができることで知られるハチドリだが、ドローンがこの羽根を持っていたら、災害で崩れた建物や物が散乱した場所でも通り抜けて、閉じ込められた犠牲者を発見できるかもしれない。...
ロボット · 2019/05/18
この金属製の農作業員は、研究開発施設を最近卒業して、ニュージーランドの果樹園に“就職”した。確かにいまのところは、配属先の果樹園は限られている。しかし、そこでは増え続ける人類に食材を提供する超専門的なロボットが活躍する未来を垣間見ることができるだろう。 このロボットは、Abundant...

ロボット · 2019/05/11
アメリカで交通取り締まり役としてのポリスロボットが開発される。ドライバーと警官の間の暴力事件防止の為 車が行き交う路上での取り締まりにはいくつかの危険が伴うが、アメリカで深刻になっているのはその場で生じる暴力だ。...
ロボット · 2019/05/05
現地には400人以上の消防士たちが結集していたそうですが、尖塔が崩れ落ちたら彼らにも被害が及ぶかも? と足踏みしていたそのとき。 放水ロボットが投入されることになりました。 IEEE SPECTRUMによりますと、そのロボットはShark...

ロボット · 2019/05/03
人型ロボット『HRP-4C』は、独立行政法人『産業技術総合研究所』が2009年に発表し、スレンダーな体とかわいらしい顔でペラペラとしゃべり、歌いながら多彩なダンスもこなせるという、実に高性能なロボットだった。...
ロボット · 2019/04/27
2019年4月、Appleはリサイクルプログラムを大幅に拡大し、iPhoneを送付する事で、リサイクルロボット「Daisy」がApple製品を分解出来るリサイクル拠点を現在の4倍に増やすと発表した。Daisyは、昨年のアースデイ前に、その前身となる「Liam」の後継として発表された新型のロボットで、1時間に200台ものiPhoneを解体出来るという。対応機種も昨年の発表では9種類だったが15種類に拡大している。 https://career.joi.media/trends/2019/04/20/7392/

ロボット · 2019/04/27
現在、日本国内では深刻な人材不足に陥っており、機械化が難しい作業内容の多い食品工場においては特に深刻な問題となっている。特に千切りキャベツに代表される細かい素材の場合、定量ピッキングには熟練の技が必要とされており、人手不足の中で、ロボットによる代替が望まれている。...
ロボット · 2019/04/27
実はこれ、ソニーが提案する新しいロボットの形のひとつです。世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク」で展示されました。 ソニーと言えば、もともとかっこいい製品デザインで定評のある会社。そのデザインチームが普段からどんなことを考え、どう社会に関わろうとしているかがわかるのがデザインウィークでの展示です。...

ロボット · 2019/04/27
このモフモフなロボットは単に「かわいいおもちゃ」なだけではなく、主に高齢者の孤独感や不安などを解消する「ロボットコンパニオン」としての役割がある。 この犬型ロボットを開発するTombotのミッションは、本物の犬を飼うことが困難な、認知症などを患う高齢者に寄り添うロボットを提供すること。創始者でCEOのThomas...
ロボット · 2019/04/27
野菜収穫ロボットの開発を行うinaho株式会社が、最新のロボットのデモ動画を公開しました。 2019年5月の正式リリースに向けて、より実用に耐えうる仕様へとバージョンアップを行なっています。 ■ロボットの進化したポイント −収穫スピード 1本を収穫するに当たり30秒ほどかかっていたのが、1本当たり15秒と半減 −車体幅...

さらに表示する