ロボット

ロボット · 2019/09/21
今回の投資は、特に大都市に移動する人がますます増えるこの時代において、お客様に手頃、便利、そしてより持続的な狭小空間ソリューションを提供し家での生活におけるパートナーになりたいという、Ingka Group の方向性に合致するものです。...
ロボット · 2019/09/14
このロボットはイギリスのクイーンメアリー(ロンドン大学)でロボット工学を専攻するジャン・フラスが制作したもので、同大学が開発したソフトロボット技術が用いられている。 このタコのシリコンゴム製の触手には空気圧バルブがあり、その開閉をコンピューターで制御することで向きを変えられるようになっている。 https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52282106/

ロボット · 2019/09/14
レゴとサム・バトルさんのコラボには、3000時間(125日!)もかかったそう。というのも、当然ですが、カスタムインターフェイスに加え、ドロイドも楽器を奏でるようにあらかじめプログラムされていたり、エンジニアリングされているわけではないからです。...
ロボット · 2019/09/07
MITが開発したヒモ型ロボットは、脳外科手術の侵襲性を軽減し、動脈瘤や脳卒中の原因になる脳血管の閉塞や損傷の治療を効果的かつ容易にする可能性がある。...

ロボット · 2019/09/07
変形可能な自律ロボットボート「ロボート」の一行が、マサチューセッツ工科大学(MIT)にある水深4フィート(約1.2m)のプールを移動している。これは背泳ぎの練習ではなく、アムステルダムの曲がりくねった運河網を航行する新たな方法で、MITとオランダの都市問題研究機関であるAmsterdam Institute for Advanced Metropolitan Solutions(AMS...
ロボット · 2019/09/07
echshareは、同社の通販サイト「Physical Computing Lab」にて、「DOBOT Robot Vision Kit」の販売を開始した。 同キットは、DOBOT Magician/DOBOT M1で利用できるビジョンシステムだ。 操作には専用ソフトウェアのVision...

ロボット · 2019/08/24
ハーバード大学の研究者らは、多くの人にとって過酷な運動であるランニングをはるかに楽なものにするロボットショーツを開発した。このロボットショーツは実のところ軽量の外骨格スーツで、歩行やランニングをアシストする。...
ロボット · 2019/08/24
ジョージア工科大学の研究チームは、3Dプリント技術を利用して、体長わずか2mmとアリサイズの超小型ロボット「マイクロブリストルボット」を開発した。硬い毛(ブリストル)のような足をもち、圧電型シェーカーや超音波、小型スピーカーからの振動を利用して動くもので、研究結果は2019年7月9日付けの『Micromechanics and Microengineering』に掲載されている。...

ロボット · 2019/08/17
人間が装着する尻尾がTwitterで話題 人間は進化の過程で尻尾を失ったと言われている。 本来、人間には尻尾は必要ないはずだが、人間が装着する「ロボット尻尾」の開発が進んでいるという。 開発しているのは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の鍋島純一さんを中心とした研究チーム。...
ロボット · 2019/08/17
米デンバーに本社を構えるAMPロボティクスは、同分野の代表的な企業だ。同社では、コンピュータビジョンと機械学習を用いたAIプラットフォーム「AMPニューロン」を開発。ロボットがさまざまな色、質感、形状、大きさ、パターンを認識することで、廃棄物を分類することができる。...

さらに表示する