ロボット

ロボット · 2019/11/17
MITが開発している4本足ロボット「Mini Cheetah」の新たな動画が公開されました。Mini Cheetahは中型犬サイズの電動ロボットで、関節を自在に動かして俊敏な動きをみせます。2月に初めて披露された時は、4本足ロボットとして初めて「バク宙」すなわち後方宙返りができることが注目されました。 新たに公開された動画では9匹のMini...
ロボット · 2019/10/26
NoMaps2019にて開催された2度目の自動運転。この実験は、NTT、NTTデータ、群馬大学の3者が連携して行なうもので、トヨタ自動車製「アルファード」をベースにした実験車両2台を使用し、札幌市内約4キロの一般道を使って行なわれた。...

ロボット · 2019/10/19
チューリッヒ工科大学が、スイスの不動産開発業者ERNE AG Holzbauと共同で、建物を産業用のロボット・アームであらかめじめ組み立ててしまう技術の研究をしています(いわゆるプレハブ工法ですね)。たくさんのロボットアームが木材を運び、電ノコなどの工具で削って建物のフレームを組み立てるのです。 チューリッヒ工科大学いわく、この工法は「Spatial Timber...
ロボット · 2019/10/19
OpenAIも、目立ちたがり屋の仲間入りをしたかったようだ。彼らが作ったロボットハンドDactyl(ダクティル、動物の指)も、ルービックキューブを解けるのだ。...

ロボット · 2019/10/19
マッピング、自律移動、Alexa連携、店舗案内など可能性は無限大 株式会社hapi-robo st(ハピロボ)がパーソナルロボット「temi」を11月1日から発売することを発表した。高さ(身長)は100cm。1回の充電で約8時間稼働する。充電ステーションには自律的にドッキングして無線給電(Qi)を行う。...
ロボット · 2019/10/12
ミュンヘン工科大学の研究グループが、全身に1万3000個以上のセンサーを備え、感触や温度だけでなく何かがボディの近くにあることさえ感じることが可能なロボット「H-1」を開発しました。これにより、安全性の高い介護ロボットなどが登場することが期待されています。...

ロボット · 2019/10/12
「トビウオ」のように水面から飛び出して滑空するロボットがイギリスで開発された。ウォータージェットを噴出して離水し最長26m滑空することができ、洪水や海洋汚染の監視などを目的とした水のサンプル採集に使えるという。このトビウオロボットの詳細は、ロボット工学ジャーナル『Science Robotics』に掲載されている。...
ロボット · 2019/09/28
ソフトバンク・グループ傘下の米ロボット企業、ボストン・ダイナミクスは、人型ロボット「アトラス」が体操選手のように躍動する新しい動画をyoutube上で公開した。 アトラスは両手をついて見事な倒立前転や両足を開いてジャンプなどをした後、最後はジャンプして体を360度回転させる“大技”を披露。さらに磨きのかかった見事なボディバランスを見せた。...

ロボット · 2019/09/21
今回の投資は、特に大都市に移動する人がますます増えるこの時代において、お客様に手頃、便利、そしてより持続的な狭小空間ソリューションを提供し家での生活におけるパートナーになりたいという、Ingka Group の方向性に合致するものです。...
ロボット · 2019/09/14
このロボットはイギリスのクイーンメアリー(ロンドン大学)でロボット工学を専攻するジャン・フラスが制作したもので、同大学が開発したソフトロボット技術が用いられている。 このタコのシリコンゴム製の触手には空気圧バルブがあり、その開閉をコンピューターで制御することで向きを変えられるようになっている。 https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52282106/

さらに表示する