ブログカテゴリ:研究開発



ロボット · 2019/08/17
人間が装着する尻尾がTwitterで話題 人間は進化の過程で尻尾を失ったと言われている。 本来、人間には尻尾は必要ないはずだが、人間が装着する「ロボット尻尾」の開発が進んでいるという。 開発しているのは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の鍋島純一さんを中心とした研究チーム。...
ロボット · 2019/08/17
米デンバーに本社を構えるAMPロボティクスは、同分野の代表的な企業だ。同社では、コンピュータビジョンと機械学習を用いたAIプラットフォーム「AMPニューロン」を開発。ロボットがさまざまな色、質感、形状、大きさ、パターンを認識することで、廃棄物を分類することができる。...

ロボット · 2019/08/17
ハーヴァード大学の研究チームが開発を続けてきた昆虫型の超小型ロボットが進化し、電源ケーブルなしではばたいて飛べるようになった。その秘密は本体に搭載した太陽電池と、羽の枚数を2枚から4枚に増やして飛行効率を高めたこと。飛行時間の短さなどの課題こそあるものの、さまざまな分野への技術の応用が期待されている。...
ロボット · 2019/08/11
タミヤは、教育用マイコンボード「BBC マイクロビット」と、超音波センサー、モーター駆動回路を搭載したクローラー走行のロボット工作セット「マイコンロボット工作セット (クローラータイプ)」を7月20日に発売した。価格は10,584円(税込)。...

ロボット · 2019/08/11
トヨタ自動車と人工知能(AI)開発のPreferred Networks(PFN)は、一般的な生活環境で人間の活動を支援するサービスロボットの共同開発を発表した。...
ロボット · 2019/08/03
GROUND株式会社は、同社が研究・開発を進める自律型協働ロボット「AMR(Autonomous Mobile Robot)」を、ファッション&アパレルECサイト制作・ECシステムの開発&提供を行う、ダイアモンドヘッド株式会社へ導入することに関して正式契約を締結したと7月25日に発表した。...

ロボット · 2019/08/03
テキサス州にあるヒューストン・メカトロニクス社が作った、海底油田やガス掘削装置を操作するための、自律型潜水艦「Aquanaut(アクアノート)」。なんと機体が上下に開いて2本の腕が現れるんです。 bOinGbOinGによりますと、これは海上に作られた施設の水面下、人間の代わりに部品の点検や交換といった整備をしてくれるロボットとのこと。...
ロボット · 2019/08/03
カリフォルニア大学バークレー校や清華-UCバークレー校深セン学院の研究者らのチームは、新たな昆虫サイズの薄型ロボットを開発しました。このロボットは切手ほどのサイズであり、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)という圧電性を持つ素材の薄いシートからできています。...

ロボット · 2019/07/27
トヨタ自動車は7月22日、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向け、開発中のロボット群を公開した。競技会場にいるロボットを通し、仮想的な「移動」も提供するほか、遠隔地から会場の雰囲気を体験や選手との交流に活用して大会を盛り上げていく考え。...
ロボット · 2019/07/27
三笠製作所は、埼玉県の株式会社RDSと共同で、巨大ロボット「アイアン・グローリー」を開発したアメリカのロボットエンジニアと業務提携を行い、巨大ロボット「アイアン・グローリー」の日本国内イベントとそれを通じた巨大ロボットの実地マーケティングを行っていくことを発表した。...

さらに表示する